Coffee

ルワンダにコーヒーが持ち込まれたのはドイツによる植民地支配が行われていた1900年代のことでした。現在もコーヒーは国全体の輸出品目の上位を占め、ルワンダにおける重要な産業となっています。一世帯あたり約200本のコーヒーを栽培するような小規模農家が主流で、南米に見られる様な大規模プランテーションは少ないです。輸出先はヨーロッパがほとんどで日本への輸出は非常に割合が低く、日本のコーヒー市場におけるルワンダコーヒーの割合は1%以下となっています。そのため、日本でルワンダコーヒーはとても希少です!

Femme Caféでは、株式会社オルター・トレード・ジャパンを通して取引した、ルワンダのコーヒー生産者組合KOPAKAMAが作るWomen's Coffeeを提供しています。